2010年11月20日

復縁するため ファッション イメチェンをする?

 今サイトへ足を運んでいただきありがとうございます。今日は、復縁するために、ファッション,イメチェンをしたほうがいいかをお話しますね。最後までお付き合いください。

 あなたは、失恋をしたときに、自分を変えようと思ったことありますか?

 失恋してしまい、復縁を望んでいるあなた。そのために見た目を変えるのは、どの程度の効果があるのでしょうか。

 それは、逆の立場で考えてみればわかりますよね?

 別れた原因が、服装のセンスや髪型、化粧など見た目の問題だった場合、イメージチェンジの手段として髪型を変えたり、ファッションセンスを磨いたり、化粧方法を変えることで見直させることは十分可能でしょう。

 または、元々あまりに見た目にこだわらなさ過ぎた人なら、イメージチェンジを図ることで相手に新たな自分をアピールすることができますね。

 ですが、別れた原因が全く別のところにあったなら、相手が髪型やファッションセンスを変えただけで「復縁したい。もう一度付き合いたい」なんて考えるでしょうか?

 女癖が悪くて別れた、借金癖が治らず別れた、常に自分のことしか考えない自己中心的な性格に嫌気がさして別れた、他に好きな人ができた。

 別れるのには様々な理由がありますよね。

 復縁を望むなら、相手が「何に不満を抱いていたか」を知り、その部分を改善しなければ、受け入れてくれるはずがありません。

 復縁を望む場合に、まず一番最初にしなければならないのは、別れた原因をしっかり噛み締め、相手に気に入られる自分になる努力をすることですね。

 それらを改善する中で、自分自身に活を入れるため、気分を変えるためのイメージチェンジは効果的といえるでしょうね。

 逆に、ただ見た目を変えただけでホイホイ復縁するような相手なら、今後も何度も同じことが起きる可能性が高いですよ。

 最後までお付き合いいただきありがとうございます。今日は、復縁するためにファッション,イメチェンをしたほうがいいかなぁ〜というお話をしましたが、やはり、一番大切なことは別れた原因を突き止めて、それを改善するということですね。

あと、こんな復縁マニュアルをサイトで見つけました。紹介しておきますね。ご自分の目で確認して見てくださいね。

私は、この復縁のマニュアルで復縁を成功しましたよ。⇒コチラです
女性の方は ⇒ コチラです

次回以降も、復縁に関する情報を提供しますので、このサイトへ遊びに来てくださいね。
posted by ツンサマ at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

復縁後の相手とまた別れないためには?

 ようこそいらっしゃいました。このサイトは、失敗しない復縁についてお話しします。最後までお付き合いください。

 あなたは、復縁したい相手と別れない自信はありますか?

 復縁後の相手と別れないために・・・それをもし、復縁の際に考えているなら、あなたは素敵な方ですね。

 本気で相手の方を愛し、ずっと関係を続けたいと思っているのでしょうね。

 ですが、再び別れに直面した段階で考えているなら、それはかなり問題ですよ。

 その場合には、やはり、「結ばれるべき相手ではない」ということを認めるべきですね。

 なぜなら、別れた後に復縁したということは、一度は真剣に二人の関係についてをお互いが考えたはずですよね。

 相手のどういう点が好きで、どういう点が嫌いで、どういう状況なら付き合いを継続するのが可能で、でも、嫌な部分を相手が変えてくれないなら付き合いを継続できないなどを真剣に考えたことでしょう。

 あなたも相手の望みに対して、どこまでは妥協できて、どこからは妥協できなくてということを真剣に考え、話し合ったはずですよね。

 もし、そのような話し合いをせずに復縁したのなら、短期間で再び別れ話が出るのは仕方のないことですよ。

 お互いに自分に都合のいいように考えて、相手が妥協したと勝手に思い込んでいるのですから、すぐに双方が「約束が違うじゃないか」となってしまいます。

 つまり、せっかく復縁するのなら、その際に多少喧嘩になったとしても、お互いに「どういう関係を続けたいのか」「どういうことをやめてほしいのか」「どういうことなら協力できるのか」などの約束事をきちんとしておかなくてはいけないのです。

 いくら復縁を望む方が立場が下だからといっても、相手のいうことを何でも奴隷のようにきき続けるというわけにはいきませんよね。

 最後までお付き合いいただきありがとうございます。今日は、復縁した相手と別れない心構えについてお話しました。参考になりましたか?

 次回以降も復縁関係の話題を提供しますので、このサイトへ遊びに来てくださいね。
posted by ツンサマ at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

復縁するため 相手だけに依存しないことが大切?

 いつも、当サイトに足を運んでいただきありがとうございます。今日は、復縁するためには相手に依存しないことが大切ではないかというお話をします。最後までお付き合いください。

 あなたは、相手への依存心がどれほどプレッシャーを与えているか考えたことありますか?
 
 「復縁の為には、相手への依存心を抑えるべきか?」と考えるあなたは、「振られてしまった原因が自分の依存心にあったのではないか?」と薄々感じていますよね。

 もし、あなたが恋人関係や夫婦関係を長引かせたいと願っているのなら、依存心を抑えるというのは「当たり前」のことなんです。

 誰と付き合うにしても、お互いに別々の人間ですよ。

 そして、相手はどんなに優しい人でも神様ではありませんし、あなたの親でもありません。

 恋愛関係を円満に長く続ける秘訣は、お互いに相手を尊重し、助け合い、お互いを認め合うことなんです。

 一方的な依存関係は、相手を疲れさせるだけでなく、相手からの尊敬や信頼も得ることができませんね。

 つまり、相手からの自分に対する想いは、どんどん下降線をたどるだけということになりかねないのなんです。

 ここで注意が必要なのは、甘えやワガママと「依存」は全然別物だということです。ほどよい甘えというのは、相手の自尊心を適度に満足させる効果があるんですね。

 「あなたが必要です」ということをアピールできるでしょう。

 ワガママも相手の精神年齢が上で、度が過ぎなければ、「可愛い甘え」として通用することも少なくありませんよ。

 でも、依存というのは、完全に相手に寄りかかった状態をいいます。

 「あなたがいなければダメなの」「お前がいないと生きていけない」などという言葉は、最初は嬉しかったとしても、繰り返されると次第に重荷でしかなくなりますよ。

 もちろん、誰しも辛い時や悲しい時に一時的に相手に依存してしまうことはあるでしょう。

 それはお互い様ですから、お互いに支えあわなければなりません。

 でも、それがずっと続いてしまうと、相手に耐え難いほどの負担をかけてしまうことになるのですよ。

 今日は、復縁するためには相手のあまり依存しないことだということをお話しました。参考になりましたか?

 次回以降も、復縁に関する情報を提供しますので、また、遊びに来てくださいね。
posted by ツンサマ at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。